Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://abababababbabababb.blog103.fc2.com/tb.php/160-dc200eea

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

アベックパンチ 1~2巻 タイム涼介

だが、愛とは何か─── とは言えなくても 何が愛ではないかは誰でも答えられるのだ
つまり愛とは「愛ではないもの」のそれ以外なのだ   ───スポーツアベック創始者アラン・オルモー


ヒラマサは馬鹿である。それも、「愛すべき~」なんてフレーズが頭につくような生易しいものではない。本当に、普通に、馬鹿である。腕力だけが彼に与えられた天分だ。
対してイサキはどうか。イケメンで、頭も回って、度量も大きく、何事も否定することはない。ケンカだって怪物ヒラマサには劣るものの、かなり強い。いやスペック高いです。
二人が幼少期より不良の道の歩んできたことは劇中何度と無く示されるが、おそらくは不良ではないぼくら読者に強く感情移入できるように、イサキには一般人的なツッコミの思考回路まで与えられている。これにより読者はイサキを感情移入対象とし、反感を持つこともなくなる。よくできた人物造形だと思う。
かっこいい不良、汚い不良、読者代表としての冷静な俯瞰視点。全てが同居しているイサキというキャラクターがかっこ悪いはずがない。これはもう読者や作者の理想を投影した姿ではないか。
いやもうおれ個人は、イサキがかっこよくてかっこよくて仕方が無いよ。

当然、この「アベックパンチ」の魅力はイサキのキャラクターだけではない。
全く凸凹な個性を持つ大男ヒラマサ。単純粗野で凶暴。しかし情は海まで深く、七代先まで恩は忘れない。ある意味究極の人見知りであるようなヒラマサが、主人公として、回を重ねるたびに変化し成長していくストーリーを追うのがとても楽しい。

そんな二人が道を歩けば、暴力沙汰は茶飯事である。だがその日二人が目の当たりにした“アベックパンチ”はただの暴力ではなく、必殺の男女合体攻撃技だった。
ワケもわからないまま『アベック』に出会わされ、男二匹と物語は動き出していく。

男女一組が手をつなぎながら格闘する架空のスポーツ、『アベック』を題材にした、泥臭くて更にクサイ青春もの。
ジムを探したり、パートナーが日本語の通じない謎の外国人だったり、鼻がネクタイのように曲がったり、奥の虫歯が折れて吹っ飛んだりしながら
ヒラマサとイサキの、青くもなく春でもない青春は、全てアベックとコルビーナに捧げられていく。

前作「あしたの弱音」の後半から化けたと大評判だったタイム涼介。どんなに恥ずかしくてポエミイな名セリフすら、シラフで読ませてしまうストーリーはちょう面白いとしか。(アッパーズでやってた4コマとかもそれはそれで面白かったけど)
いやー、2巻以降の連載分も毎月面白いです。ネタバレしたいwついにあの男が××を───!!!
読もう!コミックビーム

イカツイだけじゃなくなったお前の三白眼に初めに惚れちまうのは うかつにも俺かもしれねえぜ…
だってそいつは彼女と同じで 冷たく潤んで…



アベックパンチ 1巻 (BEAM COMIX)アベックパンチ 1巻 (BEAM COMIX)
(2007/08/25)
タイム 涼介

商品詳細を見る

アベックパンチ 2巻 (BEAM COMIX)アベックパンチ 2巻 (BEAM COMIX)
(2008/05/26)
タイム 涼介

商品詳細を見る



余談だけど、ジャンプで連載している「ダブルアーツ」という漫画と、この漫画のアベックのルールが似ているらしい。別にパクリとかじゃなくて(ダブルアーツの作者は学生時代から温めていたネタとどっかで見たし)、もし「ダブルアーツ」の読者で、「アベックパンチ」未読の人がいたら、ぜひ「アベックパンチ」の方も読んでみよう!という話。おれも「ダブルアーツ」読んでみよう。

他のレビュー↓
コミックガイド アベックパンチ [著]タイム涼介 - asahi.com
マンガ批評:「アベックパンチ」 古くて新しいスポ根 クサいセリフにKO - まんたんウェブ(毎日jp)
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://abababababbabababb.blog103.fc2.com/tb.php/160-dc200eea

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

イタチヨ

Author:イタチヨ
干支:寅
twitterやってます。ブログの更新はさぼり気味です。

ライトノベルの挿絵で一番好きなのは『マリア様がみてる 薔薇の花かんむり』p59の乃梨子さんです。

■今一押しの漫画
ヴォイニッチホテル
Sakura Cluster
けずり武士
見かけの二重星
繕い裁つ人
作家 蛙石鏡子の創作ノート

■単行本発売が待ち遠しい漫画
マテマティシャンズ 記伊孝(講談社MiChao!)
鬱ごはん 施川ユウキ(ヤングチャンピオン烈)
ギンダラとキンメダイ 渡辺伊織(まんがライフ)

 

ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。