Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://abababababbabababb.blog103.fc2.com/tb.php/175-ae855d06

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ドリルとバラ

劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇
見てきました。
端的に言って、わざわざ劇場に足を運んでまで見るほどの面白さや驚きはありません。
総集編部分が長すぎる。ほんとうにテレビ版のカットアンドペーストでできています。おかげでテレビ版未視聴の人には入りやすくなっていはいる、のかな。
あくまでも僕個人のあれですが、ロシウ登場の5話が2秒であっさり流されたのには不満。脚本の中島かずき曰く、3部4部のロシウの扱いには心残りがあるそうなので、以降は悪役としてでも何でもいいので、もう少しスポットをあててほしい。キタンとの確執とか、シモンへの劣等感を丁寧に描くとか。一言でいうと、もっと斎賀みつきの演技が聞きたいのです。いや特別ファンとかではないですが。
2部ではグレンに乗りながらもシモンに蔑ろにされてきたロシウ。だからこそ3部4部があるわけですが、とりあえず今回、ギガドリルブレイクの叫びのうち、ロシウが「ドリル!」を言えてよかった。よかったよかった。

終盤の新展開新規作画パートも、ただ「テレビ版とは違う」というだけで、この意外性が云々とかうっひょっひょーキタコレとか、そういうのはない。驚きなら、アバンのあのキャラの回想が一番燃えた。作画もギャリギャリいかしてた。あああとあそこ、終盤の大グレン団員の名乗りのシーンの各ガンメンの止め絵はみんなかっこよすぎた。
まあ元々がお祭りみたいなアニメのさらにお祭りである劇場版に、お話方面で期待するのは間違っていたのかも。ただ、四天王~螺旋王に至る道筋からして、次回「螺巌篇」は大幅に展開を変えてくるのではないかな。公開予定は2009年GWだそうだけど、見るかどうかはそのとき決めよう。
レイテさんの「ローン、今ので全部出しちゃったけどー?」がカットされたら見ないよ!さすがにそれは嘘ですけど、嘆くは嘆く。

螺旋王が、ヴィラルに歴史を見届けさせるために不死性を与えたシーン、あそこばっさりカットされてたけど、次でやるのかな?間に合うのか?

で多分、もちろん興行成績次第ではあろうが、3部4部の劇場版もやるのではないかと思います。
(ネタバレ反転)幼少期のキンブレーが一瞬映ったから。ロシウの意味深で悩ましげな表情もあったし。
もしほんとにやるとなると、テレビ版全編中一番好きな20話がどうなるのか気になるなー。ダヤッカとキタンとやり取りとか、レイテさんのガンメン輸送トラックとか、黒の兄弟の交わす短い言葉とか、ロシウvsキタンの口喧嘩とか、たまんねーんだよな20話。

そんなわけで、「劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇」の感想でした。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://abababababbabababb.blog103.fc2.com/tb.php/175-ae855d06

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

イタチヨ

Author:イタチヨ
干支:寅
twitterやってます。ブログの更新はさぼり気味です。

ライトノベルの挿絵で一番好きなのは『マリア様がみてる 薔薇の花かんむり』p59の乃梨子さんです。

■今一押しの漫画
ヴォイニッチホテル
Sakura Cluster
けずり武士
見かけの二重星
繕い裁つ人
作家 蛙石鏡子の創作ノート

■単行本発売が待ち遠しい漫画
マテマティシャンズ 記伊孝(講談社MiChao!)
鬱ごはん 施川ユウキ(ヤングチャンピオン烈)
ギンダラとキンメダイ 渡辺伊織(まんがライフ)

 

ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。